イオン導入

イオン導入

イオン導入とは「化粧水に入っている美容成分を肌の奥深くにいきわたせる美容法」のことをいいます。

導入器から送られてくる微弱な電流を利用しているのが特徴です。普段のスキンケアからでは浸透性が低い水溶性の成分を、電気の力でイオン化。送り込まれたイオンが肌バリアを解放させて、普段のスキンケアでは届きにくい皮膚の深部にまで浸透します。浸透力は化粧品やサプリメントの約30~100倍といわれている、効果的な美容法です。

イオン導入の必要な理由

肌には、異物の浸入や水分の蒸発を防ぐバリア機能が備わっています。バリア機能はすこやかな肌を維持するために欠かせないものですが、一方で、美容成分の浸透も邪魔してしまいます。そのため、化粧水などを手やコットンで塗っただけでは、有効成分を肌の奥(基底層、真皮)まで届けることができません。
イオン導入では、微弱な電流によって、このバリア機能を一時的にゆるめます。こうすることによって、化粧水などに含まれる有効成分がバリアを突き抜けて、肌の奥まで届くのです。

イオン導入のメカニズム

肌の最も外側にある角質層は酸性で、プラスイオンを多く帯びています。そして、その下にある顆粒層はマイナスイオンでアルカリ性に保たれています。そのため、2つの層は互いに反発し合い、電気的な境目ができています。美容成分を肌に塗っただけでは浸透しにくいのは、この境目がバリアとなって、角質層より奥に届かないからです。
しかし、美容成分を塗布した肌にイオン導入器で微弱な電流を流すと成分がイオン化し、この境目が一時的にゆらぎます。その結果、バリア機能が薄らぐため、美容成分を肌の深層まで浸透させることができるのです。

イオン導入がおすすめの人

年齢を重ねると、肌のキメやターンオーバーのサイクルが乱れ、さまざまな変化が現れます。イオン導入は、このような肌の老化が気になる人や、肌の老化を予防したい人に向いている施術です。例えば、シミやくすみ、肝斑、毛穴の開きといった悩みに効果的だといわれています。

美容成分別・イオン導入の効果とメリット

イオン導入の効果は、浸透させる美容成分によって異なります。
肌の悩みに合わせた成分をイオン導入することによって、肌のハリに欠かせないエラスチンやコラーゲン合成の促進、老化の原因となる活性酸素の除去、メラニン色素の抑制や色素沈着の改善などの効果が期待できます。そのほか、次のような悩みを持つ人にはイオン導入が効果的といえます。

<期待できる効果の例>
・エイジングケア
・毛穴の洗浄
・毛穴引き締め
・老廃物の除去
・美肌
・ニキビやニキビ跡対策 など

トラネキサム酸

トラネキトラネキサム酸は、トランサミンとも呼ばれるアミノ酸の一種で、ニキビなどを防ぐ抗炎症作用や色素沈着を防ぐ美白効果が期待できる成分です。シミや肝斑の予防効果もあるとされています。

ビタミンC

ビタミンCは抗酸化作用に優れ、炎症や老化などから肌を守る働きがあります。また、コラーゲン生成の促進、メラニン抑制、皮脂コントロール、ターンオーバーの正常化など、幅広い悩みに対応する美容成分です。

成長因子

成長因子は皮膚の細胞増殖や、治癒過程の活性化を促し、お肌のコラーゲンやエラスチンの生成をします。
上皮細胞成長因子および繊維芽細胞成長因子を回復し、ハリのあるお肌に導きます。
ペプチド配合によりシワ改善、お肌の弾力性を高めます。

高濃度のヒアルロン酸が配合されているため、保湿が期待できます。